入荷から出荷までの流れ

検品から倉庫保管まで
一貫したサービスを
提供いたします

衣料品等の仕上げ・検品から出荷作業・中規模在庫管理まで行っております。
大切な商品を丁寧に取り扱うようスタッフの教育指導にも力を入れております。
メーカー様には絶対的な安心と信頼いただける品質を
ご提供できるよう日々努力しております。

  • 01

    入荷

    入荷の状況を確認し、数量や箱の破損等をチェックします。

  • 02

    検針

    商品に針・ピン等が混入していないかを、コンベア式検針機・ハンディ―検針機で細かくチェックします。

  • 03

    検品

    確かな知識と技術で、機会だけでは目の届かない裁縫不良やほつれ傷まで細かくチェックします。不良品の場合はお直し、又は指定工場へ出荷します。

  • 04

    補修

    以下の補修作業を、自社工場および協力工場にて対応します。補修作業後には、再度検針を行います。

    • ブランドネーム付け替え
    • 品質ネーム付け替え
    • シミ抜き
    • 縫製補修
  • 05

    仕上げ

    熟練スタッフが一枚一枚丁寧にアイロンで商品を仕上げます。スチームボックスプレスや人体プレス等、商品に合わせたプレス加工をします。

  • 06

    最終検品 員数確認

    商品を納品できる状態にして、員数確認を行います。

  • 07

    包装

    しわができないようにたたみ方、包装の仕方を工夫し、商品より大きめのビニールをかけることで商品の汚れを防ぎます。

  • 08

    出荷前作業

    伝票・納品書・送り状等を作成いたします。

  • 09

    出荷

    出荷は以下の3種類に対応いたします。

    • メーカーまたは物流倉庫へ発送
    • 直接店舗へ発送
    • 当社倉庫で保管